兄弟間の遺産分割交渉を担当し、合計約2000万円の相続財産を取得することができた事例

 

1 相談前
兄弟間での遺産分割交渉が難航したため、このうち2人からの依頼を受けて遺産分割交渉を担当した。
兄弟間の関係悪化を防ぐため、裁判所での手続き(調停)は避けたいという希望であった。

2 受任後
法的見地からの主張を行った結果、依頼者2名で合計約2000万円の相続財産を取得することができた。
また、裁判所での手続きを利用せず、交渉で解決することができた。

3 コメント
元々、相続人同士の関係性が悪くなかったため、これを悪化させることのないように、慎重かつ柔軟な姿勢で交渉に臨んだことが功を奏しました。

 

台東区(蔵前、浅草橋、田原町、新御徒町)、墨田区(両国、錦糸町)近辺にお住まいの方を中心に、首都圏で相続問題(遺産分割)を扱う弁護士をお探しの方は、お気軽に蔵前飯野法律事務所までご連絡ください。